38歳 シンママ6ヶ月 ひよっこママ

日常や仕事のこと、色々書いています。私自身、山あり谷ありの人生ですが、こんな私のブログを見て笑ったり、元気になって頂けたらと思います。

離婚を伝える日までの道のり

一年間、自分で振り返ってみると、本当によくがんばりました。


新しい仕事や家庭環境のストレスで精神的にも不安定になり、一時期、白髪が増えたり(>_<)

ハゲができてしまいました。

37歳にして白髪とハゲです…笑えません(T_T)


でも、事情を知っている友達が支えてくれ、時々愚痴ったりして、なんとか頑張ることが出来ました。



私の元旦那への対応も、冷たくなり

「なんでいつも○○は、ムスッとしているんだ。家に帰りたくなくなるよ」

と、よく元旦那は言ってました。


(私の心の声)

ムスッとしているんじゃないんだよ。精神的に辛くて、ずっと体調が悪い状態なんだよ。

ニコニコなんか出来ないよっ。




私が何故、一年後に離婚を決めたのかと言いますと、にいにいの受験と弁護士さんの話にあった15歳からの親権を選べるというのもありました。

仮に、にいにいが、父親を選んだら、借金まみれの人生になると思います。

どうしても、子供の親権は第一でした。

慰謝料、養育費、年金分割もいりません。

お金は今の仕事を続けて節約していけばなんとかなります。

欲しいのは子供の親権のみです。

私は自分を捨てた母親のようには絶対なりたくありませんでした。



あとは、どのタイミングで子供に伝えるかです。



にいにいは、中学三年生です。

ある程度の理解はある年齢です。

私は、元旦那に話す前に、にいにいに今の状況と離婚を考えていることを伝えました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。